大河道 雷刃の雑想録

「評論家の言うことを信じてはいけない。何故なら評論家が讃えられて彫像が作られた事など一度もないのだから」 ジャン・シベリウス(作曲家)

コルトトルーパー

トルーパー進捗3・やっと完成

はい、やっと完成しました。サイドプレート、シリンダー一式、グリップを組む直前の一枚。 その前に塗装後は表面がざらついてそのまま組んでも動きがおそらく渋くなるので全体を磨いています。工程としては、 ①不織布で磨く あまりガシガシ磨くとエッジが丸まったり…

トルーパー進捗2・残り物には福があったか?

はい、続きです。前々回スプレー缶が無いと書きましたがまだ音が聞こえるので、わずかな時間の空きを使って絞り出すようにスプレー缶を吹き付けました。 やや厚塗りながらスカスカな塗料でよくここまで出来たものよ... こちらは反対側。クレーンやラッチは乾燥に4…

トルーパー進捗1・ハンマーをブルーイング

塗料が何か入手できるまでまずはハンマーをブルーイング。思ったより黒く染まってくれてよかった。 終わった直後は青みがあったのにシリコンオイルを塗り込んでいくと、どんどん黒くなっていきます。明日はトリガーを染める予定。

不覚...!

塗装しようと思ったらこの3缶、中身がスッカラカンでした...そんな自分にグービンタ。幸い明日まで休みなのでなんとか買いに行けるか...!

追記

ついでにトリガー、ハンマーもガンブルーに染め直ししてみます。やっぱり乾燥に2日は必要なので、その間にやれるかな?

You are Next!!!

次はMGCのコルトトルーパー4インチをメタルパーカーで盆休み中に塗ってみます。全バラは完了、後は風呂に入りながらの脱脂のみ。 幾度試した黒染めを あえて忘れて塗り潰す それが最期の一手なら 如何に変わると未練なし (必殺シリーズの語り風) そして脱脂完了…

MGCリボルバーを知らない世代

MGCのモデルガン、コルトトルーパー(4インチ)とコルトパイソン(2.5インチ)です。どちらも中古で購入しました。トルーパーはブルーイングしています。MGCは発火と作動重視にアレンジされているのでリアルなメカニズムではありません。トルーパーは購入時は白よりの…