大河道 雷刃の雑想録

「評論家の言うことを信じてはいけない。何故なら評論家が讃えられて彫像が作られた事など一度もないのだから」 ジャン・シベリウス(作曲家)

モデルガン

不発弾処理・その2

不発弾処理、その後です。一週間キャップ火薬を水に浸けて放置したら... とりあえず水は染みたようで写真のようにドロドロな感じになりました。これを風呂場に持っていってもう一度お湯で洗ってみると... こんな感じに。7ミリは剥がれたり融けたりしたようですが…

マイアミの太陽より熱い男の相棒

今でも愛されている海外ドラマの「CSI」シリーズ。ラスベガス、マイアミ、NY、ワシントンと様々な州で科学捜査で犯罪に挑むドラマは今でも魅力的。各シリーズ毎に雰囲気が違うのもまた面白かったです。 その中で一番派手でスケールが大きかったように思うのが「CSI…

不発弾処理

湿気ってしまったキャップ火薬。どう処理すれば良いものかと悩んでいたらタナカのP229(いずれレビューを書きます)の説明書にキャップ火薬の処理の方法が書いてありました。 説明書ではMGキャップを前提として書いていましたが、こちらが処理したいのはマルシン…

撃ちまくりGM7

今日はある集まりでGM7とマルシンのM586を思いっきりブッ放してまいりました。訳あって写真や詳しい事は書けませんが...しかし楽しかった〜合計5マグ合わせて40発、後でアモケースの必要性も感じました。モデルガンを見たことも触ったこともない方がいらっしゃ…

ボルトキャッチを叩きたい

「この趣味をやっているとね、縁のある銃とない銃がどうしてもあるんだよ」 これはいつもお世話になっているショップの店長の言葉。トイガンの沼に落ちてもうすぐ十年近く、確かに縁のない銃が出て来ます。私の場合拳銃だとモーゼル、長物だとM16系が全く巡って来…

コルトパイソン・三社三様

思いきってタナカのコルトパイソン4インチを購入。これで6、4、2.5インチが揃ったのでグリップの内側にメーカーの違いが出るのではと思いを三丁のグリップを外してみました。 まずMGC。約40年前のモデルガンですがまだ黒々としています。サービスサイズですが重み…

MGCリボルバーを知らない世代

MGCのモデルガン、コルトトルーパー(4インチ)とコルトパイソン(2.5インチ)です。どちらも中古で購入しました。トルーパーはブルーイングしています。MGCは発火と作動重視にアレンジされているのでリアルなメカニズムではありません。トルーパーは購入時は白よりの…

コクサイ・最後の輝き

老舗モデルガンメーカー・コクサイが突然活動の幕を降ろしてからだいぶ経ちました。詳しい事情は解りかねますが2000年代初めに工場の火災で金型が消失。後に残った金型を株式会社ウリウが引き取りブランドとして生産していた、ここまでが自分の知る限り。商品の…