大河道 雷刃の雑想録

「評論家の言うことを信じてはいけない。何故なら評論家が讃えられて彫像が作られた事など一度もないのだから」 ジャン・シベリウス(作曲家)

キイハンター・アレなサブタイトル検証その2

さて、前回の続きです。第105話からカラー放送になったキイハンター。メンバーも国際警察からバックアップ役として第92話から壇俊介(宮内洋)と第104話から小田切慎二(中丸忠雄)が登場、セミレギュラーながらどちらも違う存在感を見せてくれます(この二人は後にGメン'75で島谷刑事、結城警視正として出演)。

三年目になるとメンバーが揃う事はほとんどなく、一人が事件に赴き残り2~3人のメンバーが連絡役や後から支援や救援に向かうという流れの回が目立ちます。特にボス・黒木の欠席が多く、アネゴこと啓子が実質リーダー格になり回によっては村岡室長と二人で事件について話し合う事もありました。では、サブタイトルに行きましょう。

第110話「首のない紳士の殺人計画」

第111話「成金泥棒たちの国際会議」

第113話「殺人鬼と仲よし大作戦」

第117話「東京―ホノルル 豚をかついで珍道中」

第118話「踊れ!墓場で幽霊ワルツ」

第120話「宝石泥棒裸で御免なさい」

第127話「殺し屋どもの死亡広告クラブ」

第133話「私の首を返して頂たい」

第135話「吸血昆虫島上空異常あり」

第137話「葬式にせ札強盗団」

第141話「殺し屋大統領お手やわらかに」

第142話「ハレンチ部隊全員集合」

第147話「暗殺団と強盗団 スキーで珍道中」

第149話「それ行け!がい骨強盗団」

第152話「おー!新婚ハレンチ追跡旅行」

第166話「ヨーイ・ドン!赤頭巾で殺人ごっこ

第171話「お化け怪獣大戦争

第173話「首のない男と女の戦争」

第178話「南の国へヌードで新婚珍道中」

第185話「真昼の決戦!すれすれ愚連隊」

第190話「キイハンター浮気団地で大暴れ」

第191話「死刑台三歩前 私を抱いて!」

第198話「がんばれ!小便小僧危機一髪」

とりあえず200話付近まで紹介。第109話の「俺は西部の殺し屋キッド」には子役時代の真田広之(下沢宏之名義)が、第110話は現代劇には珍しい里見浩太朗がゲスト出演。この翌年に水戸黄門の助さんこと佐々木助三郎杉良太郎から引き継ぎ、1974年には大江戸捜査網の主演をこれまた杉良太郎から引き継いでTV時代劇スターとしての地位を固めていきます。第117話は当時としては画期的だったと思われる海外ロケ。海外旅行が一般に浸透するには1980年代まで時間が必要になります。それゆえこの頃同じTBSの「兼高かおる世界の旅」や日本テレビの「すばらしい世界旅行」が人気だったり、海外はまだまだ一般家庭には未知の世界。当時の予算はどれくらいだったのかと考えると恐ろしくなりますが、逆にそれだけの事をできる勢いがキイハンターにはあったという証明になるのかもしれません。

この頃になるとアクション、ハードボイルド、ミステリー、サスペンス、ホラー、コメディ、西部劇、サイコロGメンなどとある程度の色分けが定まり、みんなの知っている「キイハンター」になったのではないのでしょうか。そして最後の一年ちょっとのサブタイトル一覧たちにもう少しだけお付き合いを願います。

本日、ここまで。

(文中敬称略)

 

キイハンター・アレなサブタイトル検証

先日やっと東映チャンネルでのキイハンターの放送が終了しました。長かったですねぇ...途中に一時中断もありましたから。今回は妙にインパクトのあるサブタイトルをつらつらと挙げていくだけです。これでキイハンターに興味を持ってもらえたらと思うのですが...記念すべき第1話のサブタイトルは「殺しのブルース」。うん、ハードボイルドな香り。続いてメンバーが揃う第2話が「非情の唇」。これもシリアスな雰囲気。そして進んで第21話「拳銃あねご潜入作戦」。ここで「むっ?」となります。そこからの流れで...

第37話「殺人鬼 お呼びの時間」

第42話「情無用の殺人旅行」

第45話「死体置場で今晩は」

第54話「それ行け発狂作戦」

第62話「宝の山は地獄の一丁目

第63話「サイコロ仁義潜入作戦」

第64話「がい骨抱いて珍道中」

第73話「殺人金庫ただ今、発売!」

第79話「馬鹿をかついで珍道中」

第83話「霊柩車に乗った新婚旅行」

第92話「今年もよろしく 世界殺人協会」

第93話「女王陛下 オー!発狂一分前」

第97話「殺人美容法教えます」

第100話「妖婆と宝石泥棒」

...とりあえず今回は100話まで。今風に言うとサブタイトルのクセが強いというヤツでしょうか(笑)。しかしこの中でもちゃんとシリアスな回がありますのでどうかご理解を。第63話は後々まで続く「サイコロGメン」シリーズの一作目、サブタイトルに絞ってここでは物語を紹介しませんでしたが、他にも第89、90話における大銀行の地下金庫争奪戦を忠臣蔵に置き換えてキイハンター対強盗団の知略戦を描く前後編はかなり見応えがあったりします。ここまではまだモノクロ放送の時代。もう少しでカラー放送が始まり、ここからキイハンターはさらに物語の華やかさやスケール、エンターテイメント性の幅を拡げていきます。

このサブタイトルの話は続きます、よろしければもう少しだけお付き合いを。

本日、ここまで。

(文中敬称略)


🌻キイハンター KEYHUNTER オープニング opening - YouTube

荒野の素浪人・変わる峠九十郎


f:id:sekennohitohaubiwosasu:20201119205952j:image

世界的スター三船敏郎主演の連続TV時代劇、「荒野の素浪人」。しばらく見れてないなあ、CSで最近放送されないですね。先日世を去られた名匠・菊池俊輔作曲のマカロニウエスタン全開のテーマ曲は聞くとテンションが上がります。登場人物は...

・峠九十郎(三船敏郎)

素性不明の謎の浪人。凄まじい剣の腕前で必殺剣法「八方達磨返し」を振るう。髷は第一シリーズはムシリで第二シリーズは総髪。第二シリーズの着物の家紋、丸に木瓜は三船家の家紋なのだとか。

・鮎香之介(大出俊)

通称「五連発の旦那」。早撃ちの名手で優男で女好きの浪人。マフラーがトレードマークで、ニヒリスティックな性格はさる大名の御落胤という出自が背景にあるため。

・すっぽんの次郎吉(坂上二郎)

二人のマネージャーを自称。いつも旅の先々で一儲けしようとするが大抵失敗する。特技は死んだフリ。後番組「荒野の用心棒」に出てくるすっぽんの三吉は双子の弟。

この三人がその回の舞台になる宿場町や村などに何となく集まり、その土地の悪を倒したらまた三人バラバラに去っていく。物語の基本構造はほぼ西部劇です。しかし第一シリーズと第二シリーズは少し違いが。


f:id:sekennohitohaubiwosasu:20201119210005j:image

第二シリーズは音楽が黒澤明岡本喜八の映画音楽を支えた佐藤勝に交代、重厚な雰囲気の音楽に。監督陣も三船プロのTV時代劇を支えてきたメンバー(石川義寛、丸輝夫、宮越澄)に加えて東宝(森谷四郎、出目昌伸)や松竹(貞永方久)に大映(田中徳三池広一夫、村山三男)、東映(吉川一義)出身の監督が。雰囲気も第一シリーズで百人斬りの超人的な技を見せたり、喜怒哀楽がはっきりしていた九十郎が第二シリーズでは常にムスッと何処か不機嫌な表情で台詞が一言のみ、なんて回も。

明朗で痛快な第一シリーズに対して世の理不尽、権力の横暴に怒る九十郎の姿が印象的な第二シリーズ。もっと個人的な言い方だと平均的に楽しめるが故に突出した回が少ない第一シリーズと当り外れが大きいものの当たればとんでもない一発の第二シリーズ。比べる訳ではないですが、どちらも魅力的な作品なのには変わりなし。時代劇専門チャンネルで放送された時のCMのキャッチコピーは、「本物の男は、時代を超える」。

少し余談を。第二シリーズ三十四話「傷だらけの勇者」のプロットは長七郎江戸日記第一シリーズ三十二話「とらわれた長七郎」に恐らく流用されているのでは。脚本(小川英、胡桃哲)のクレジットも一緒で、展開はどちらも同じように見えながら細部の違いで物語の展開がちょっと変わってきます。

本日、ここまで。

(文中敬称略)

トリガージョブ

コルトガバメントことM1911A1は今も昔も実銃でもエアソフトガンでも各メーカーからバリエーションが発売されているロングセラー。個人的にはガンスミスバトンのCO2ガバメントシリーズが熱いですね。私個人の所有しているガバメントは四社。マルイ、ウエスタンアームズ(以下WA)、KSC、ガンスミスバトン(以下バトン)。各社ガバメントのトリガープルの感想をつらつらと書いてみます。

一番はWA。そりゃ社長が実銃のトリガーフィールを知っていればね...次はKSC。自社のサイトで「薄氷を割るような」と言っているだけあって、WAより少し重いくらい。次がバトンでグリッてな引き具合。しかしダブルカラムとシングルカラムのトリガープルは少し違う気がします。最後がマルイ。とにかくゴリッと重い。しかしマルイは社外品で改善は可能。あちこち変えればだいぶ軽くなります。しかしフトコロも...ここまでは全て個人の感想なので悪しからず。

YouTubeの検証動画でバトンのH.O.S.Tで「シアーを研磨すればキレが...」という言葉を聞いたのですが、まあ確かに中身は恐らくマルイのハイキャパのほぼコピーなんですけどね、全バラして何かあったとき保証が受けれるのかと言う疑問が。例えばカーボネイトのエアソフトガンはメインスプリングハウジングピン周辺に少しでも分解しようとした跡が有れば保証の対象外になります。バトンもそうなのかはショップに後で聞いてみようかとは思いますが...弄り倒せる自由とある程度カスタマイズされて弄れない物。どちらが良いのか難しいところだなぁ。

本日、ここまで。

 

大空港・何故か記憶に残りにくい一作

大空港

そこには人の出会いがあり、別れがある

人生の始まりがあり、終わりがある

そして時に様々な人間の欲望が渦巻き犯罪が侵入し、また脱出しようとする

これは、この大空港と大空とを命を賭けて守る男たちの物語である

(オープニングナレーション)

1978年から放送された刑事ドラマ、「大空港」。どうもこれが日本映画専門チャンネルで近日放送されるようで、これについて少々書いてみたくなりました。本放送、私は生まれていません(笑)。なので初めて見たのはホームドラマチャンネルがスカパーのベーシックプランに入った頃になります。だから7~8年は経っているし、その間他のチャンネルでの再放送もありませんでした。もうナンバー2が緒形さんから田中邦衛さんに代わった頃だったので、序盤は見れていないのです。このドラマの舞台は空港特捜部という架空の部署。空港と言いながらもどこかオーソドックスな雰囲気の刑事ドラマだった記憶が強いですね。メンバーは...

・加賀部長(鶴田浩二)

階級は警視。元特攻隊の生き残り。特攻で散った戦友達への生き残った事の慚愧の念を常に抱いて日々の捜査に挑む故に未だ独身を貫いている。部下からは階級呼びではなくチーフと呼ばれている。

・梶警部(緒形拳)

すみません、この時期は見ていないのでパスさせて下さい。14話で殉職します。早期の降板は鶴田さんと合わなかったから、とネットの噂で聞いたり聞かなかったり。

・藪下警部(田中邦衛)

(15話から)梶警部の後任でナンバー2のポジション。加賀の元部下で、加賀からは「ヤブチョウ」と呼ばれる。演者のイメージ通りの直情型で口より先に手が出るタイプ。しかし加賀の不在時はメンバーをまとめあげる姿を見せる。

・鯉沼刑事(中村雅俊)

血気盛んな若手刑事。正直見た目とキャラが「俺たちの勲章」のアラシとほぼ同じです。しかしこちらは上司が厳しくも理解がある人なので幾分良かったのかも。36話で爆弾を積んだセスナの中で犯人と格闘の末、機体が山の中腹に激突し殉職。

・神坂刑事(片平なぎさ)

特捜部の紅一点で愛称は「ノンコ」。結構現場に出てアクションしていたような記憶が...片平さんの華やかさは劇中の清涼剤でした。51話で海外に転任するも、76話でテロリストが車に仕掛けた爆弾で死亡したことが新聞の記事で特捜部に知らされる。

・立野刑事(岡本富士太)

落ちついた印象の刑事で射撃の腕は特捜部ナンバー1。オープニングでも銃を構える姿を見せています。水島刑事に想いを寄せるも、最終回でテロリストに見せしめとして射殺される。

・海原刑事(高岡健二)

これまた血気盛んな刑事だったような...ヘリの免許を持っているので、上空からの捜査や捜索をすることも。加賀以外で初回から最終回まで生存した唯一の登場人物だったりします。

・菊地刑事(黒沢年男)

(37話から)鯉沼の後任。やることなすこと全て無鉄砲なのでついたあだ名は「バクダン」。妻を麻薬犯罪で失ったので麻薬を激しく憎む。「太陽にほえろ!」で言う所のゴリさん的なポジションだったような。最終回で事件の重要参考人を庇いテロリストに射殺される。

・西條刑事(永島敏行)

(38話から)元沖縄県警刑事。空港で働く妹が事件の犠牲になり、妹が働いた空港を守りたいという思いから空港特捜部に転属を願い出る。55話で婚約するも 、追っていた事件の犯人が奪ったパトカーの天井に飛びつくが天井越しに撃たれてしまい、銃撃戦の末に殉職。

・水島刑事(石川さゆり)

(52話から)元SP。サッチャー大統領(当時)の護衛も務めた経験の持ち主で、投げナイフを使う。特捜部での初仕事が修道女としての潜入捜査だったので「シスター」と呼ばれる。加賀に想いを寄せ、最終回でテロリストに特攻する加賀へ愛を告白する。

・紺野刑事(三浦浩一)

(56話から)西條の後任。所轄での命令無視や問題行動を数多く起こしていた厄介者。あちこちピョンピョン駆け回る姿から加賀に「まるでバッタだな」と言われそれがニックネームに。とにかくヘアスタイルの乱れを気にしている。

 

と、人物紹介はこんな感じ。ちなみに当時まだ放送していた「Gメン'75」の「香港カラテシリーズ」を意識していたかどうか解りませんが、「特捜部VSヤクザ」という連作シリーズがあったりします。ところで人物紹介を終わりまで読んでくれた方はお気づきかと思われますがこのドラマ、殉職が多い!特に最終回の脚本は必殺シリーズで仕事屋、仕置屋稼業、新仕置人の最終回を書いた村尾昭。この方がよく書かれるギリギリまで追い込まれながらも死中に活を求め、命を掛ける登場人物の姿は作品のジャンルを越えて一貫しているのではないでしょうか。他にも脚本は池上金男(池宮彰一郎)、刑事ドラマを数多く執筆した長野洋と「江戸シリーズ」に多数参加した佐藤繁子が主だった所。監督陣は五社を渡り歩いた井上梅次、巨匠・舛田利雄に「西部警察」や「あぶない刑事」で腕を振るった長谷部安春、「太陽にほえろ!」を長年支えた児玉進などが登板。この頃は銃に興味が無かったので何を使ったか、なンてのもあるのでとりあえず放送が楽しみです。

本日、ここまで。

(文中敬称略)


【ステレオ】大空港 オープニング OP - YouTube

不発弾処理・その2



f:id:sekennohitohaubiwosasu:20210520163850j:image

不発弾処理、その後です。一週間キャップ火薬を水に浸けて放置したら...

f:id:sekennohitohaubiwosasu:20210520163915j:image

とりあえず水は染みたようで写真のようにドロドロな感じになりました。これを風呂場に持っていってもう一度お湯で洗ってみると...

f:id:sekennohitohaubiwosasu:20210520163929j:image

こんな感じに。7ミリは剥がれたり融けたりしたようですが、5ミリは特に変化なし。匂いを嗅いでみると少し硝煙の香りがしました。

f:id:sekennohitohaubiwosasu:20210520163950j:image

この翌日は気温が30度近くあったので風通しの良いところに置いて一応乾燥。最後は火薬の面を刺激しないように各サイズを向い合わせにしてガムテープでまとめ、さらに念のため緩くグシャグシャにしたチラシでくるんだらもう一度ガムテープでゴミに。何もなければよいのだろうけどちょっと不安が残ります。さて、これからの対策として何か紙箱に乾燥剤を入れて保管するしかではないかな。

本日、ここまで。

マイアミの太陽より熱い男の相棒


今でも愛されている海外ドラマの「CSI」シリーズ。ラスベガス、マイアミ、NY、ワシントンと様々な州で科学捜査で犯罪に挑むドラマは今でも魅力的。各シリーズ毎に雰囲気が違うのもまた面白かったです。
f:id:sekennohitohaubiwosasu:20210509003910j:image

その中で一番派手でスケールが大きかったように思うのが「CSI:マイアミ」。裁判中にミサイルランチャーが飛んできたり、崩壊していくホテルの中をハマーで激走したり、南米の麻薬カルテルの大物を追って無断でリオ行ったり等々...もはやどこか西部警察のような作風。
f:id:sekennohitohaubiwosasu:20210509003607j:image

マイアミCSIのチーフ、「マイアミの太陽より熱い男」ことホレイショ・ケイン警部補もどちらかと言えば分析員(繊維学専門)と言うよりはほとんど刑事。その愛銃がシーズン3から使い始めたSIG P229。これを構えて犯人に「お前の行きつく先は一生ブタ箱だ」とか「貴様には裁判所が待っている」とか「俺たちCSIは決して...そう、決して諦めない」なんてキメるワケです。

f:id:sekennohitohaubiwosasu:20210509003828j:image

はい、それでもってタナカのP229を買っちゃいました。スライドはグレーでフレームはHWブラックの2トーン。口径とカートの仕様は.357SIGになっています。
f:id:sekennohitohaubiwosasu:20210508221853j:image

簡易分解。以前発売したハイパフォーマンス樹脂とエボリューションカートリッジVer.2を使ったH&KのUSPのバレルが発火後に割れた事が多発した対策を受けてバレルに金属板がネジ止めされています。
f:id:sekennohitohaubiwosasu:20210508221902j:image
組立の際注意するのはトリガーバーの上部にある出っ張り。おそらくここがAFPBを押し上げるので組立の時にスライドに引っ掛かります。なのでスライドを引ききるためにはトリガーバーを押し下げる必要が。もし発火するとしたらあらかじめトリガーバーにWD40を塗っておく必要があるだろうなぁ。以前P226アーリーを買ったときあっという間に赤錆が浮いてきたんですよね。本当はすぐでも発火したいんだけどなぁ...コロナが落ち着くまで待つか。


本日、ここまで。